足のむくみから脂肪ができるメカニズム

むくみが起きる経緯を知っておくと、足やせの成功に近づくと言われています。
多くの人が悩まされるむくみは、立つか座るかのどちらかだけというような、同じ姿勢のままでいることで症状があらわれます。
このとき体内では、リンパ液と血液の流れが異常をきたし、水分処理も滞り、水分が身体の外へ押し出されなくなってしまいます。
本来、血液とリンパ液が体内を循環することによって、栄養を供給し老廃物を体内から排出させるように働きかけます。
むくんでいても一回のマッサージで完全に解消できれば良いのですが、むくみのほとんどは慢性的な症状です。
むくみがずっと続くと、本来なら排出されるはずの脂肪にセルライトがプラスされて、どんどん太い足になってしまうのです。
多くの女性が抱える冷え性は、血液がきちんと流れていかないために生じます。
冷えをどうにかしようと、どんどん脂肪が溜まってしまいます。
そのため足やせで大切なのは、常に身体の中をめぐっている血液やリンパ液の流れに異常を生じないようにすることです。
他のダイエットでも同様ではないでしょうか。
血液は、体内のあちこちに流れていくことで、体温を上昇させ脂肪を燃焼させます。
リンパ液の方は、ゆっくり身体に行き渡りながら、余分な脂肪はもちろん老廃物も排出する役割を持っています。
足やせの成果が出るように、はじめにむくみ解消のマッサージを実践しましょう。
リンパ液を循環させるには、リンパ節が刺激を感じるようにしましょう。
足やせと関わりの大きいリンパ節では、循環によって汚れたリンパ液をきれいにします。
その働きをシンプルなマッサージで活発にするだけで、足やせの成果を実感することができます。